Daily Bow: The Sound of Asparagus in Music?



Daily Bow Logo

Composer Ben Houge Stages Opera Based on Consumption of Asparagus

At a restaurant, music is usually an indicator of how much you’ll be paying for the meal. If you’re hearing the radio blasted overhead, you’re probably getting a casual bite to eat. If a violinist is walking around serenading you while you dine, there’s probably caviar on the table as well. In both cases, however, music is just in the background. It helps create an atmosphere rather than serving as the focal point of the meal.

But what if the music and the menu could be combined into one experience? That’s what composer Ben Houge attempted to do last week, when he staged a one-night-only performance of his Food Opera: Four Asparagus Compositions. Collaborating with Boston based chef Jason Bond, Houge wanted to explore the possible relationships between food and music by writing a piece that would describe what the listener was eating.

One number, for example, described super-caramelized white asparagus, bran ash, sesame jelly, lemon mousseline, and ginger cake. The short composition has hints of sweetness in it, with an overall woodiness that suggests the toughness of the jelly. In order to complement the meal completely, Houge wrote all four pieces with an algorithm. Rather than a piece written within a certain time period, the algorithm allows the music to evolve as the dinner progresses, ending when the diners have finished eating.

While Houge’s Food Opera is not likely to become standard dining practice anytime soon, it does suggest an interesting idea. Why should music sit in the background while we eat? Just as cooking is a celebration of our sense of taste, music can be a feast for the ears. Pairing asparagus with music changes the public’s perception about what abstract, wordless music can be. It’s not just about dead composers and lavish concert halls. Music is a living thing that can affect our daily lives, and combining it with eating—something we do every day—can remind us of that. While listening to Houge’s composition on super-caramelized white asparagus, I was surprised at how unusual it didn’t feel. The piece didn’t remind me of any specific elements of asparagus; however, I could definitely imagine eating while listening to it. There was a certain mood that the music put me in, and I felt as if the sounds I was hearing could have awakened my tastebuds to possibilities I might not have noticed before in asparagus. Check out some clips and take a listen for yourself!




Tags: ,

,

9 Responses to Daily Bow: The Sound of Asparagus in Music?

  1. [url=http://www.eevance.com/tokei/chopard]「復古」は腕時計の永遠のテーマは、ポール表今年の設計の中で大量のレトロなデザインを採用したし、設計により濃厚な军表スタイル。そのFiremanシリーズのアップグレード版は完全に参考にしたブランド世紀半ばのアメリカ鉄道標準設計を復刻した時計、その最も経典のデザインを提供したり、多種の文字盤色のオプションに若者の消費者の選択。スーパーコピーエルメス 時計そしてEngineerマスターⅡシリーズの2項の腕時計はいずれも誠意を維持し、偉大な飛行家にライト兄弟をそのOfficer表も金は優雅な将官表遺風、ステンレス後半期式をかぶせステンレス耐磁底を透過サファイアクリスタル透視ガラス、精緻を磨の手動チェーンはムーブメントに輝いて、細かい磨きの蓝刚ネジ軸とルビー目を引き戻すよう人々の思い過去。[/url]

  2. [url=http://www.bagkakaku.com/vuitton_wallet/wallet/145.html]ルイヴィトンコピー 偽物激安ヴィトンコピー 販売階のほらを輸入する資格があって、全国の第一項のナイロンのふろしき包みは傲慢なシリーズの女性を配合して包んで、高級で派手で、私達はただふろしき包みの中のハイエンドのブランドだけをしま。ハイエンドのファスナー、私達の採用の高級なファスナーは大工場のOEMからで、ファスナーが順調で滑るのは丈夫で、高品質と高享受。[/url]

  3. [url=http://www.gginza.com/%E6%99%82%E8%A8%88/%E3%83%AD%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9/day-date/a9b8bccb28acb108.html]私は、breitling腕時計のある38の私の最近のレビューで言及したように、ブライトリングのない実際に私自身が描かれたが発見されたブランドが、彼らは私自身の毎日の使用と好みのためにあまりに複雑なような気がします。しかし、ブライトリングのあるコレクションを示す別のものを彼らのラインアップのスライス(と私が言うと、クリーナ)方向である。カルティエスーパーコピーそれは私たちが独立して最初のクロノグラフに対する敬意を見つけることは、このコレクションの中で、1915年ブライトリングトランスオーシャンクロノグラフの形でした。[/url]

  4. [url=http://www.bagkakaku.com/vuitton_bag/2/N41542.html]当店は信頼できるルイヴィトンスーパーコピーN級品販売店。100%実物写真ですし、品質が完璧です。高品質ルイヴィトンコピー,安全税関対策+素早い配送+随時の在庫補給+丁寧な対応+スーパーコピー販売業界最低価格に挑戦!ルイヴィトンスーパーコピー[/url]

  5. グロリア-イップからあちこち遊歴好きで、働く関係のため、積み重ねました多くの旅行経験があり、もっと特別好きのひとり旅。「完全に慣れない環境を持って、私の考えと刺激源源が絶えない。一回出発前の資料収集、しばしばを旅にヒントを得提供良い基礎。」この道理も同様に適用するアートとデザインの創作。グロリア-イップ注意して参加スイスティソ「160年环宇漫遊切手」設計コンクールの参加者から資料収集して、きっと半分の労力で倍の成果。ロレックス-スーパーコピー「今度の試合はスイスティソが主催し、「旅」をテーマに;それでは〓、何の元素を代表ティソ?何か元素が代表「旅行者精神”ですか?どのようにそれらを結びつけ?参加者はまず知っているのは彼らの目標は何を準備してこの目標を足を知ると、テーマを発揮し、創意に加え、抜群の技巧を演じ、優れた作品を作り。」まとめ:「設計や旅行のように、まずは目的地を知っていて、またどのように歩いて、才能は一歩一歩実現計画、業績は完璧の旅。」

Leave a Reply