Daily Bow: ROCO Not Afraid to Take Risks

Daily Bow Logo

River Oaks Chamber Orchestra Thrives Under Unique Operating Model

Every once and a while someone comes along who just likes to do things differently. They don’t think there’s anything necessarily wrong with tradition, but they also recognize that there are new, possibly more interesting ways to reinvent old ways of doing things. The current world of classical music allows a lot opportunities for this kind of person. In a culture of strict tradition, from the way musicians dress at concerts to the “correct” procedures of applause, they are many aspects of the orchestral concert model that are available for tweaking.

Many organizations have adjusted their concert formats with varying success. One of the most notable in this category is the River Oaks Chamber Orchestra (ROCO), a forty-piece professional chamber orchestra that started up in 2005 just outside of Houston. Founded by Alecia Lawyer, who is the orchestra’s executive director and its principal oboist, the ensemble has a vision “to redefine the orchestral experience for both audience and musicians.” They do this through many methods, but the overall impression is that of changing the way the orchestra sees itself. Rather than being a lofty organization that is patronized by concertgoers, ROCO seeks to see what it can do through its music—how it can connect with audience and create a greater community.

Audience interaction is key for ROCO. During the intermission, the musicians put on name tags and go into the lobby to talk with concert goers in a segment of the concert they call “Take 5.” The program comes in the form of a keepsake magazine, making the evening a distinct and memorable experience. You’re even envied to come sit up close and personal onstage during the performance. For those who sign up as members, special events and salon-style concert are available in intimate spaces featuring chamber music with the orchestra’s musicians. Through these innovations, ROCO seeks to break the barrier that the stage creates between the musicians and the audience.

One other thing that ROCO does differently than other orchestras is mix its musical and administrative duties. Guest artist Anne-Marie McDermott and Lawyer both play with the orchestra and handle administrative tasks. Not only does this build a better relationship between the musicians and the administrative half, promoting a better harmonious whole for the entire organization, but, as one columnist put it, “because they juggle concert life with administrative duties, the synergies that emerge from mastering onstage and offstage responsibilities add to their prowess across both.”

By taking a fresh approach to the concert experience and changing the dynamic between musicians and administration, ROCO is leading the way to an orchestra model for the 21st century. It has already achieved encouraging success, with soloist and conductors lining up every day to perform with the orchestra. In the shadow of many strike scares and labor disputes in the early seasons of some orchestras, it’s helpful to take a look at an orchestra that’s taking a different approach and doing well at the same time. There’s a lot to look forward to with ROCO, and hopefully that means there’s a lot to look forward to in classical music’s future.

9 Responses to Daily Bow: ROCO Not Afraid to Take Risks

  1. [url=http://www.wtobrand.com/pr1.html]ブライトリングクロノマチックコピー時計のそれから彼女は、黒1と同じことを確認しました 0.266876407 . 0.163217187 ブライトリングクロノマチックスーパーコピー時計のクリスマスのために彼は割れた顔をして時計を開きます . 2015ブライトリングクロノマチックスーパーコピーを製造販売している最高級ブライトリングクロノマチックコピーブライトリングクロノマチック時計屋であり、価格で3レプリカを通販していますので、是非ご拝見頂きます様お願い申し上げます。[/url]

  2. [url=http://www.bestevance.com/rolex/sky/index.htm]2010年7月8日、スイス布拉苏糸村――スイスタブ業の伝統的な休日で、多芸多才の音楽巨擘クインシージョーンズ(Quincyジョーンズ)オーデマピゲ表グループCEOの莫菲利(フィリップ・Merk)さんの案内でオーデマピゲタブ工場を見学しました。ウブロスーパーコピーこのオーデマピゲ表と縁の深い伝奇音楽人、この度の旅行の経験を発掘したオーデマピゲ表表壇の先駆けとしての深遠なタブの文化、特に見た自分の名前のMILLENARYミレニアムクインシージョーンズ(Quincyジョーンズ)限定腕時計の制作蘊奥。「オーデマピゲ工場、タブ職人たちに見せる好プレー印象が殘って。彼らは偉大な創造者、激情あふれるアーティスト、ちょうど私が音楽プロデューサーとしてサービスのあれらの才能豊かな人。」クインシージョーンズ(Quincyジョーンズ)は音楽史の上で影響力の裕福な伝説の人物は依然としてを提唱し、ポップスの普及発展に力を入れる。元トランペットのクインシージョーンズ、後に従事し、指揮、続々とアレンジ音楽レコード制作などの仕事。カルティエ時計コピープロデューサーの間で出版された数十枚ジャズミュージシャンのアルバムを務めるレコード、フランク・辛納屈(Frank Sinatra)、バーバラ・史翠珊(Barbara Streisand)、汤尼•クラスナイト(Tony Bennett)などの国際スターのプロデューサー。1978年、クインシージョーンズとマイケル・ジャクソン(MichaelJackson)と出会い、彼のために制作した『塀の外」や「戦慄」、「速い」など3枚のアルバムにレコード。こちらの達人生花の天才編曲家と慧眼識英雄の音楽伯楽は、常にその鋭い嗅覚の音楽を生み出し空前絶後の経典金曲。ファンの愛称をQのクインシージョーンズも気前情熱の化身。クインシージョーンズ人道的精神に基づいて救済、かつて人気歌手アメリカ召集46位を行いの「Weアレthe World四海一家》専輯レコードは美しい。オメガコピー彼は一人で創設のクインシージョーンズ基金会は保護児童権益を守るために努力することを目的とし、全世界の子どもの福祉、健康と尊厳。オーデマピゲ時計工場とこちらは平凡な音楽巨擘協力推進するQ計画。この計画を訴えの政界と社会大衆配慮靑少年の創作表現現し、必要の賛助と協力し、彼らの潜在力を発揮する。[/url]

  3. [url=http://www.gginza.com/%E6%99%82%E8%A8%88/%E3%83%AD%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9/day-date/a9b8bccb28acb108.html]多分、それlum-tecプッシャーのブライトリングのような洗練された技術を使用します。を見るために、ここを読む方法を使用して作成するブライトリング磁石の接触の密売人にそのアベンジャーシーウルフクロノグラフ腕時計。私は、この概念は、内部のリングを回転させるはずのクラウンの設計に変換することができるかどうかわかっていません、しかし、それは彼らのために良いスタートであるかもしれません。もう一つのアプローチは、ヘビーデューティのガスケットのシステムの1つの地獄を使うことです。この時計の開発として、我々は必然的にlum-tecの賢い解決のより良い考えを得ます。[/url]

  4. [url=http://www.gowatchs.com/brand-167.html]10代が終われば就職する人が過半数を占めるため自分のお金で有名ブランドの財布にお金をかけられるのですが、いつの世も一流ブランドの財布コピーの贈り物は若者に大喜びされますよ!とりわけ女性は、海外の通販を活用してブランドの製品を買い求める知識があまりない人が多いため、日本以外の通販を有効に使えていない方が多いのです。[/url]

  5. [url=http://www.brandiwc.com/brand-super-17-copy-0.html]時計は代々、光を金庫は明らかに足りない。ある時計業界関係者によると、腕時計を絶好調そして将来譲渡時いい売値定期掃除は非常に重要な一環。ブランド 時計コピー3年ごとの週波数メンテナンス時間、毎回約5000元の通常のメンテナンス価格ざっと計算して、30年の保養費用とは6万元を投入。[/url]

  6. [url=http://www.ooobag.com/watch/cartier/baig/30f5513206b999ec.html]は、コンスタンチンchaykinコンプトゥスの復活祭の時計のケースを模倣するサンクトペテルブルク、ロシアの聖イサク大聖堂のように、全体的な形状は、ドーム、柱廊、鐘塔とすべてのこの記念碑の大聖堂にマッチする色を選んであった。トップの上のギョーシェとゴールドエナメルで飾られたドームは、キリスト教徒のための復活のシンボルと一致するように卵の形状に成形する。4つのミニチュアの鐘塔、24柱構造の側の上のモザイク装飾とすべての他の小さいデザイン要素を考えて、元の建物に合わせて作られている。[/url]

Leave a Reply